腸内環境を素早く改善|ビフィズス菌で悪玉菌を減らそう

ウーマン

侮れない目の疲れと対処法

目を押さえる人

目の疲れの原因

目がショボショボしたり、視界が見えづらくなったりなどの目の疲れを感じたことはないでしょうか。 目の疲れを感じる人は増えてきており、その原因は豊富に普及しているパソコンやスマートフォンであると言われています。 これらは便利なものですが、画面から発光されるブルーライトは目の疲れを与える原因となってしまうことがあります。またそれだけでなく、度の合っていないメガネやコンタクトレンズを使用している場合も、目の筋肉に負担をかけて目の疲れを引き起こしてしまう原因となります。目の疲れをそのままにしておくと、それが全身に広がり頭痛やめまいなどの症状をもたらしてしまうことがあります。それは眼精疲労と呼ばれるもので、さらに放置してしまうと、視力低下や目の病気の原因となり得ることがあります。

疲れを感じたときの対処法

目の疲れを感じた場合は、眼精疲労にならないためにもすぐに目を休め、軽いマッサージなどを行うことがおすすめです。凝り固まった目の筋肉がほぐれるため、眼精疲労の予防に繋がります。 また、アントシアニンという成分が豊富に入った食べ物やサプリメントを摂取することもおすすめです。アントシアニンには、目の細胞に働きかけ眼精疲労の症状を軽減させる働きがあるためです。アントシアニンは、ブルーベリーやカシスなどに豊富に含まれています。これらの食べ物を効果が出るほどに食べるのは難しいので、サプリメントによる摂取が一般的となります。目のマッサージを含め、このような対処法を取ると、眼精疲労の予防や改善を行うことが出来ます。